:: CueSpec ::

:: CueSpec ::




 

S.L.R. スーパーロングラン Type-2


super_longrun_type2_02_h450<super_longrun_type2_03_h450

バス系ボディで走り仕様を作るのは今回で2回目、パーフェクトエンジン採用も2回目です。有り余るパワーは、今回の重量級ボディも難無く動かせられるだろうと想像しての事ですが、その重さがカーブでかなりの問題となり、ルーフ、フロント、サイド・ウインドウを刳り貫き、やっとの思いで破綻無く綺麗に走られるようになりましたが、正直言ってボディは重過ぎです


super_longrun_type2_05_w500

とにかく各所のカーブ出口で姿勢が乱れて安定走行とは無縁とさえ言える状況でした。行き着いた結論は車体上部を中心の軽量化、詰まるところボディの切除を敢行しました。

最初に刳り貫いたのは、最も重心を下げるのに効果的と考えられたルーフの刳り貫きです。これにより、当初乱れていたカーブ出口では頗る安定して問題が解決したように見えました。しかし、次に別なカーブで今度は姿勢が乱れて走行距離が縮んでしまったのでサイドをやり、それでも足りず面積が大きめで効果が高そうなフロント・ウインドウの切除で、やっと解決


super_longrun_type2_06_w500

低重心化にも繋がっているとは思いますが、走行距離を延ばす目的でウェイトを装着。1番と2番の2つではそれまで3周どころか2周と4分の一だったのが何とか3周を走破。しかし、ゼンマイの巻き方次第では3周に届かず、走行距離面で不安定な状態が続いていて、最終的に3番のプラ板(0.4mm厚)を追加する事で確実に3周以上走れるようになりました


super_longrun_type2_10_w500

車種が違うので直接的な比較にはなりませんが、ボディ側の加工について記述します。バス・チョロQの場合、フロント・オーバーハングが大きくローラーと接触してしまい、その解決の為に左側のバスと同様にあったウインカー部分、ナンバー・プレート部を切除

フロント・ローラーのダブル装着もボディを削らなくてはならないのでフロントはシングル。背高ボディの強大なロールを抑える事を考えるとフロントのダブル・ローラー化は難しく、フロント・ローラーのダブル化は非現実的な選択になると思っているってのが本音です


super_longrun_type2_16

画像をクリックすると目標の3周以上を走っている動画が別窓で開きます
更に詳しい記述についてはホームページをご覧ください

その後、キャブ・トラック仕様にしたボディに積み換えた仕様はこちら 
 
PR
PR

Instagram Twitter RSS

アクセスランキング