:: CueSpec ::

:: CueSpec ::




 

引き出しサーキットのフラット化


flat_course_w420

長年、アップダウンの2車線コースでバトルを行ってきましたが変更しました
最大の目的はコースの固定度向上とそれによるさらなるスピード・アップです

このレイアウトに落ち着くまで2日がかりの作業になってしまいました
今回からカーブは角度が浅い物で統一して全体の速度を向上させました

角度の深いコース(写真・赤)はバトルに不要ですが、2つの目的で設置
一つは外側にあるコースを押し付けてズレないようにする補助的な役割で
もう一つは後輪をヒットし易いロング・ホイールベースの状況確認のため


flat_course2_w420

すみやさんからビースピを頂戴したお陰で一車線化に踏み切る事ができました
スタートはビースピ手前の白いスペーサーに前輪を合わせて行う事に決めました

逆方向ではスピードMADで2周走り切れない事もあり、この方向で決定です
アップダウンで不利だったブラックMAXやスピード・エンジンもこれで戦線復帰
そのシナリオがあってのコース変更・設定ですが、エライこっちゃな事態で・・・


flat_course3_w420

速度域が大幅に高まったのは刺激が増して良いのですが、クルマはぶっ飛びまくり
ローラーの負荷が高まったからか走る度にパーツも抜けまくって全くお話の他です

そんな事から最速マシンのRX-7/RZはトルネード・バンパーの改造にまで至ります
以前は右のRX-7と全く同じでしたが根本的に剛性が低いので思い切り加工します

カスタマブル・チョロQのローラーを使えるようになり剛性も高まって一石二鳥
これについては後日に改めて単独ページを作って詳細を報告したいと思います


flat_course4_w420

今回のコース変更を機にRZのゼンマイもオイルペンを塗布して走らせてみました
タイムは0.13秒の向上でしたが、オイルペンの弊害も知る事となったので報告

バネ室に近い所で大量に塗布するとラチェット機能に障害が出ることが判明
本来ならカチッと収まるところですっぽ抜けになり、正常に巻き切れなくなり・・

オイルペンをご利用の際はその点に気をつけてください

最後の画像、デジタル・カメラは昨々日にとうとう寿命を迎えてしまった物です
そんな訳で今はiPadに内臓のカメラで撮影、今後カメラを買う事はあるのだろうか
 
Search This Blog
PR

Instagram Twitter Twilog RSS

アクセスランキング