:: CueSpec ::

:: CueSpec ::




 

チョロQ-4WD エレメント


74-1

廃盤・カスタマブル4WDのシャーシとローラーをベースに
スタンダード・チョロQのボディを載せた、しょーもない改造です

74-2

シャーシ、ローラー部品は、カスタマブル用をそのまま利用
エンジン・スペースの空間が大きく、横方向の隙間が大きい為
写真のように、エンジンの片側にスポンジ・テープを貼り付けて
エンジンの遊びを減らし、動力伝達ロスを避けるようにしています

74-3

シャーシを下側から見た時の画像です
フロント・ローラーは後端が長いタイプを選択
ボディのネジ受け直下のベース部分にドリルで穴あけ
そこからミニ四駆の長めのネジを通して固定させています

リヤ・ローラー下側の止めパーツは、あえて上用の厚い物を使い
フロントが浮いた時、早めにコースに接触するようにさせています
カーブ・コースでフロントが浮いて不安定になるのを抑制する為です
車高が高い車に限らず、効率良く安定走行させる上で有効な手段です

74-4

ボディ・リヤ側の固定でも、ミニ四駆のネジを流用しました
通常の固定では必要なツメ部分を最小限の長さに切断した後
ドリルで穴をあけ、内側から穴を通してネジを出してナットで固定
写真ではダブル・ナットにしていますが、単にスペーサーとしてです

リヤ・ローラーにキーチェーン・フックを装着させて受け側にします
ボディから突き出したネジを、フック穴に通してロック・ナットで固定
ボディ前後が完全に固定されるので、プルバック時も気遣い無用です

74-5

フロントの固定では、シャーシからネジ受けまでの距離があり
そのまま無造作に閉め付けるとボンネットに亀裂が生じますので
何某かのスペーサーを挿んで入れ締め過ぎないようにするとベスト

デフ無しの直結4WDと言う事もあり速く走ることは望めませんが
スタート直後の動きは鋭く、その点では違いを見せてくれています
トルクの強いパーフェクト・エンジンではソコソコに走ってくれますが
同梱エンジンのスピードMADエンジンでは、非常におとなしい走りです



:: CueSpec :: NSX 4WD 記事リスト
 
Search This Blog
PR
薬のネット通販ならネット総合病院
PR

Instagram Twitter RSS

アクセスランキング