:: CueSpec ::

:: CueSpec ::




 

RX-7 ブルーMAX


87-1

ブルーMAX搭載車でダントツだった ツイン・エンジン仕様のNSX を破り
2011年10月、ロングMAD装着車にも肉薄するブルーMAX最速マシン
ボディ単体重量は若干の軽量化で2.98g、総重量は14.53g

87-2

リヤ・ローラー最下段はミニ四駆のアルミ・パーツです
プラスチック部品に比べ、かなりの重量増になりますが
それを埋めて余りある効果を生み出せる頼れる助っ人です

重くて接触による抵抗増があっても、確実に挙動が乱れない
これが、最終的に 「安定した速さ」 の後押しをしてくれています

87-3

アルミ・ローラーは、装着される位置が効果を生んでいます
カーブでフロントが浮き上がろうとしても直ぐにコースに接触
車体の挙動を安定させ、結果としてカーブを綺麗に抜けます

「プラスチック・ローラー」 + 「ウィリー防止パーツ」 も試行
アルミ・ローラーのようの確実さが無く、結局これにしています

87-4

ウインドウは、そこそこに透明度を保ってはいますが
全ての窓は内側から棒ヤスリで削り、薄肉軽量化を実施
#1000 ⇒ #1500 ⇒ #2000 の順にペーパーで磨いた上
最終最後、セラミック・コンパウンドで磨き込み透明度復活です

写真のRX-7に関する詳細記事は、こちらをご覧下さい
 
PR
PR

Instagram Twitter RSS

アクセスランキング