:: CueSpec ::

:: CueSpec ::




 

バスQ 並列ツイン・エンジン


bus_twin_02w420

やり掛けて中断した事は過去に何度かある並列ツイン・エンジン
バスのボディは下から上まで垂直に延びているので実現しました


bus_twin_01w420

並べたゼンマイは、それぞれ一輪のみを動かす形で独立動作になっています
車輪を付けないシャフトは切断、ゼンマイの隔壁パーツを鋏んで並んでいます


bus_twin_03w420

下から見るとこんな感じ、前輪はゼンマイに干渉するので長い車軸に変更
車軸が左右間移動した際にタイヤが当たらないようスペーサーを入れました


bus_twin_04w420

ガラス・エリアの一部をカットして全高を下げたのと客室の刳り貫きとで
標準状態に対して0.7g程度の重量増、ツインとしては軽く仕上がりました

床の上で標準仕様と競争させてみると、やはり出足は速いのですが
駆動輪が左右で違うゼンマイなのでパワー差が問題となってしまい
動き出しは斜めに走り出し、その後は擬似ステア状態に入りました

トレッドが拡大されてコースに入り切らない上に直進性に難があるので
結論としては作業投資に見合わない改造だったと言わざるを得ず (^-^;)



『ツインモーター』
製作技術が高度なら何をやっても許されるってわけですか
あらためて自分よりも遥かに素晴らしい製作例を追記しとく

 
PR
PR

Instagram Twitter RSS

アクセスランキング