:: CueSpec ::

:: CueSpec ::




 

継ぎ接ぎGT-R+パーフェクト


customable_gtr34black_1

パーフェクト・エンジンは店舗で新発売された時以外
ネット・ショップでもオクでも見掛けた記憶がありません

とにかく最大級のサイズでパワーもかなりあるのですが
普通のチョロQでは使えないと言って良い作りなんですね

customable_gtr34black_2

以前、スタンダード・チョロQのホンダ・エレメントを使い
カスタマブル・シャーシ+パーフェクト・エンジンを作成

作るには作ったんですけど車高が高くてバトルは不向き

customable_gtr34black_3

「せっかくのパワーを有効に使える仕様」 を作りたくて
10年以上ぶりにカスタマブルの実戦バージョンを作成

カスタマブル4WDのシャーシがもう1つあったので
スカイラインGT-Rだし、四駆仕様でいってみました

customable_gtr34black_4

ボディ・パーツの一部にメッキ仕様のを使っていますが
標準部品だと隙間が大き過ぎて見た目に落ち着かず
どっちにしても違和感はありますが隙間なしを優先

ゼンマイのパワーが強いのでソコソコには走りますが
やはり、1つのゼンマイで4輪の駆動は大変みたいです

現時点ではエレメントの時よりは良いかな?程度なので
これから少しずつ煮詰めていきたいと言う半端モード
て言うか、煮詰められる要素が見つかってません



最終的にこの仕様で頑張るには解決できない問題がある事を発見
煮詰めるも何も無く、バトル戦線突入を諦めることになりました

最大の難点は分割ボディ、恐らくはそれが原因かと思います
使っているシャーシは成形色なのですが、変形が起き易いので
その上に載るボディが分割だとその変形を一定量で抑えられない

結果としてカーブで衝撃を受けた時のローラーのアタリがまちまち
走る度に色々な場所で様々な形で走りが乱れ安定セッティングは困難
これを解決するには最低でも一体成形のボディが必要だと結論しました

この予想が決して間違いではない事を後のボディ変更↓↓で実感しました


 
Search This Blog
PR
PR

Instagram Twitter RSS

アクセスランキング