:: CueSpec ::

:: CueSpec ::




 

RX-7 LightWeight & AeroStyle


aero7_3w400

スカイラインGT-Rで失敗に繋がったシャーシでリニューアルとなったRX-7
結果としては以前よりも性能が向上し、ギブアンドテイクになったのは幸い
最近は軽量バージョンが中々上位に入れなかった流れを断ち切りました


aero7_2w250平均して3.3グラムはあるこの金型版のボディを2.88グラムにまで軽量化できると目に見えて加速の鋭さが増します

軽く仕上がるのは良い面もある一方、失速が早くなってしまう事やカーブで不安定要素が増すデメリットもあり、総体的な性能を上げるには別な配慮も必要になってきます

aero7_1w250MAD系のゼンマイを装着して総重量15グラムを切るケースは少なく
より小さく軽いブルーMAXを装着した物でも14グラムを切る事は稀

ここまで軽くなると1周目は頗る元気な走りになりますが、2周目に入る頃には失速感が否めず如何にそれを解決するかが鍵になりました


aero7_6w400

カーブで前輪がかなり浮いてコケていたので
重量が重くなるオープンメッシュ・ホイールに変更
同じく重量増しをする為ダンロップ・タイヤを装着し
それでも足りなくて前端のタイラップを追加しました

シャーシ中間の物はアンダー・スボイラーとして実効果を狙ったもので
カーブを抜ける際の安定が増し、鋭い抜け方をしてくれるようになります


aero7_4w400

因みにゼンマイ・ケースは軽量色を選択しています
【軽い】 赤・黄・白 【重い】 黒・青・銀
 
PR
PR

Instagram Twitter RSS

アクセスランキング