:: CueSpec ::

:: CueSpec ::




 

ゼンマイの垂直配置、奮闘中


20130309_1

NSXのツイン・エンジン(ブラックMAX版)がスピードMADに僅差で勝利。暫くツイン・エンジンから遠ざかっていたのですが、ちょっと「やる気」が出て、違った形のツイン・エンジン版を作ろうかと奮闘中です

冒頭の写真はヴィッツのシャーシで最終段階に近付いている状態ですが
削りや切除の位置関係を出す為に犠牲となっているシャーシが2つあり
それを経て・・・と言う面倒で遠回りな作業方法を今回あえて選びました

残念なのは、後輪動力に通常サイズのゼンマイが使えない事です
ホイールベースが長めのシャーシでも状況は殆ど変わらないので
フロントを垂直配置する場合、後ろも小粒ゼンマイになりますねぇ
こうなると短距離直線勝負仕様として作成する事になりそうです


20130309_2

ボディを仮載せ、フロント・グリルを飛び出すよりは違和感が少ない
何よりも普通にネジを使った固定ができると言うのが最大の魅力ですかね
ただ、垂直配置の場合はゼンマイを巻いても最後のロックが掛かりません
でも車体を地面に対して水平で無く、垂直にして巻くと普通に巻けました

インプのボディはロングMADで一時期は走り仕様にしていました
中々良い結果を出せなかったのでブログでは初登場なのですが
直線勝負向きとは言えない重量なので、これっきりの可能性大

軽量化の為にトランクやフォグ・ライト部分を刳り貫いたりとか
ルーフ中央を削ったりでFDのバブル・ルーフに挑みましたが(笑)
逆モヒカン・ルーフの追加作業を加えても4gを切れずお手上げです
 


後輪動力として小粒ゼンマイを使うのは今回が初めての経験なので
固定方法が現時点で定まっておらず、暫く試行錯誤が続きそうです
短距離勝負とは言え小粒ツインの動力性能は全く未知数ですから
期待できるのは小粒であるが故の軽量な動力と言う事でしょうか


20130309_3

話は変わりますが、こちらはパソコンの傍らに飾っているQ君たちです
下段はブログでも登場している渾身の走り仕様が大半になっています
黒のフェアレディZ(HBQ) は現時点で直線バトルの最速ますぃーん

上段は単なるお飾りですが、実は箱の4枚が結構好きなんですよ
特に中央にある成形色ボディ+メッキ・シャーシは別格のコレクション
これを手にするたび、成形色の魅力を改めて思わずにはいられません



:: CueSpec ::
 
Search This Blog
PR
薬のネット通販ならネット総合病院
PR

Instagram Twitter RSS

アクセスランキング