:: CueSpec ::

:: CueSpec ::




 

HONDA S2000 ツイン・エンジン


awd_s2000_5w420

これまではNSXをベースにブルーMAXをメインにしたツイン・エンジン
その歴史はブルーMAXエンジンを単体装着した仕様とのバトルでした

一言で言うとツイン・パワーと言っても僅かな性能向上でしかなく
作業や時間の投資を含めて考えると魅力が高いものとは言い難い状況
そのイメージを断ち切ったのはブラックMAXをメインにしたNSX最終版


awd_s2000_1

ブラックMAXをメインにしたNSXツイン・エンジンはMAD系と互角以上
完全にワンランク上の走りを実現、ツイン化の価値を向上してくれました

そのNSXがボディを破損したのを機に心機一転、S2000で復活しました
単にボディの変更だけでは無く、ローラー・セッティングも改めて見直し
NSXの時よりもボディの重量が重くなった穴埋めを別な領域で軽量化促進
当たり前に使っていたアルミ・ローラーと決別、減量と安定を両立しました


awd_s2000_2w250

オープンカーはルーフが無い分だけ軽いようにも思えますが
初期金型のNSXは別格の軽さ、少しでもそれに近付けるために
フロント・ウインドウ上部を一部カット、軽量化に繋げました


awd_s2000_3w250

重量が嵩むアルミ・ローラーを止めてプラ・ローラーの4段構え
初の試みですが、想像していたよりも安定感があり、納得の走り


awd_s2000_6w250

なんとNSXツイン・エンジンと寸分違わぬ重量になってました
う~ん、ホントに生まれ変わりで誕生したような気になる
 
Search This Blog
PR
PR

Instagram Twitter RSS

アクセスランキング