:: CueSpec ::

:: CueSpec ::




 

SUZUKI SWIFT 悪路走破仕様


rough_lighter

速さの追求から離れ、全く別な悪路走破仕様を作成しました
作成当初の仕様詳細に関してはこちらのページをご参照下さい


rough_plier

画像は実際にラジオ・ペンチを乗り越えたのでは無くて
前後の可動部分が最大になった時の状況を作ったの図です


rough_front_under

スプリングを使う事で衝撃の緩和とアームを下方向に押し付ける効果を狙いました。 スプリングは衝撃を受けると振動が続きますので逆に挙動を乱す原因になります。 実車ではそれを打ち消す為にショック・アブソーバを使っていますが、その真似はできないのでボディ側だけで固定、アームとの接続は緩いつながりにする事で逃げを作って難点を緩和しています


rough_dansa_1

この手の走り仕様は速度追求の改造に比べて自由度が高く、多くの制約から解放された楽しいものでした。 制約が無くなった中で最も大きいのはゼンマイの性能。 速いも遅いも走行距離も全く求める必要が無く、ゼンマイが巻けて走る事さえできればOKだなんて天国に行った心地です。
 
Search This Blog
PR
PR

Instagram Twitter RSS

アクセスランキング