:: CueSpec ::

:: CueSpec ::




 

ロングMADエンジン対決


※画像をクリックすると、YouTube動画が再生されます

18-1

太軸シャフトに交換した 「ロングMAD」 を装着したコルベットと
「V2タイプのロングMAD」 を装着したインテグラでコース・バトル

インテのV2タイプは、所有しているロングMAD系で2番手の性能
1番手に比べて、2~3台分程度の遅れで走る位の実力ですが
今回はリヤのローラー・バンパーをあえて外して走行させます

ローラー・バンパー前後装着による、速度と距離の向上度合いを
今回の動画から、推し量って頂けるのではないかと思います



■ シャフトの太軸化について (詳細記事はこちら

シャフトの交換は、それによる性能向上を目指したのではなく
ゼンマイ・ケースのシャフト出口が走行回数の多さの為に拡大し
それが理由で走行時にがブレ発生し、スピード、距離ともに落ちた
その問題を修正する為に行った、ある意味で苦肉の策の作業でした

ごく微妙な違いを除けば、チョロQのシャフトは同じ太さですが
「スピード・エンジン」や、他のプルパック・カーで太めのがあり
今回はビット・チャーG/プルバック・タイプのゼンマイから移設

軸交換で当初の性能を 「およそ取り戻す」 事はできました
軸が太くなった分だけギア同士のクリアランスが変わるので
今回は上手くいきましたが、失敗するとギアの破損もあります
性能回復どころか悪化も考えられ、あまりおすすめできません
 
PR
PR

Instagram Twitter RSS

アクセスランキング