:: CueSpec ::

:: CueSpec ::




 

ゼンマイのシャフト交換 (ロングMAD)


19-1

この症状に至る方が、どれだけ居られるか解りませんが
ゼンマイを長く使うと避けられない問題が、シャフト穴の拡がり
折角曲がりの無いシャフトを使い、ホイールを真直ぐ挿入しても
シャフト穴が拡大されて来ると、だんだんと走りに影響してきます

画像をご覧頂くと、歪に拡がったシャフト穴をご確認頂けますが
ここまで来るとシャフトはぐらぐらに動きパワー・ロスは避けられず
走行距離についても、正常時に比べて目に見えて短くなってきます
そんな訳で以前にブルーMAXで行った極太シャフトに交換しました

19-2

数日前に購入したコルベットに塔載されていたエンジンですが
通常使われているシャフトに比べ、太めのサイズになっています
因みに、「ビットチャーG、プルバック・コレクション」 も極太サイズ
拡がったシャフト穴でも入らない程の太さ、これが逆に好都合です

19-3

先ずは、車軸のスプラインを利用して拡大
直径1ミリのドリルで穴を拡大・整形した後、シャフトを軽く差し込み
スプライン部分をヤスリ代わりに廻し込んで、更に軽く穴を拡げます

斜めに挿入しないように気を付け、様子を見ながら廻していきます
ある程度抵抗が少なくなったら、シャフトを完全に通して回転させて
その状態によって、作業の続行か終了を判断すれば良いと思います

19-4

ロングMADの場合、ギヤの移設も必要

シャフトのギアはロングMADとは違うので、差し替えします
この時も、外したギアを直径1ミリのバイスで穴を拡大します
斜めに穴開けすると、ギアの噛み合せに不都合が生じるので
力を入れず、バイスの回転で自然に削っていくようすると 「吉」

19-5.jpg

ホイールの軸受け部分も拡大加工
次に、ホイールの軸受け部分も直径1ミリのバイスで拡大
この作業も、走りに直接的な影響を及ぼす部分であるため
穴開けが斜めにならないよう、力を入れず、慎重に作業します
(抜き差しで緩くなったホイールを、復活できるチャンス!です)

「ホイール」、「シャフトのギア」 をバイスで拡大した程度では
緩いどころかまだキツイので、手の力だけで挿入できませんが
これ以上拡大するのは危険なので、後は叩き込んで装着します

ホイールの挿入作業が、その後の全てに影響します
ホイールの取り付けも後々に影響するので慎重に行いました
先ずは、手で差し込める程度までにホイールを装着してみます
シャフトを手で回転させて、挿入角度に問題ないかを確認をして
挿入角度に問題があれば、この時点で挿入角度を微調整します

見た目での判断ですが、綺麗に真直ぐ入っている事を確認したら
更に指や手の力で押し込むと、また角度が変わる懸念があるので
仮挿入したホイールを下にし、当て木を介して一気に叩き込み終了
問題無く作業を終えられたら、見違えた走りのスムーズさに驚きます
 
Search This Blog
PR
薬のネット通販ならネット総合病院
PR

Instagram Twitter RSS

アクセスランキング