:: CueSpec ::

:: CueSpec ::




 

オイルペンによる性能変化・実験


speed_16km37_w420

以前に触れたミニ四駆のオイルペンによる性能変化を実験しました
ベースのゼンマイはオクの落札品を分解清掃後、黄色で統一した物
ギアの噛み合わせ部分の大半に黒い埃カスが溜まっていた状況でした
写真は作業後に組み直して走らせた時の最高速度を測定した結果です


speed_16km37_w420

こちらはミニ四駆のオイルペンを塗布して数回だけ空回しした後の測定値
想像していた以上の性能向上、いや~ビックリなんてもんじゃありません
車体を装着すると約1km程度の速度落ちはありますが、まぁまぁなゼンマイ


brz_speed_17km20_w420

こちらはオイルペンを塗布して初めて走らせてみた時の測定値なんですが
オイル塗布前のデータが無く、数値での比較をお見せできなくて残念です


brz_front_wheel_w420

BRZに関してはゼンマイの他に前輪の接地面積を減らす作業も追加してます
これも作業前のデータと言うか写真が無いので明確にどうとは言えませんが
接地抵抗軽減と若干の軽量化により、たぶん性能は向上しただろうと・・・



今回の結果だけで言えばミニ四駆のオイルペン塗布でゼンマイの性能は向上
少し大袈裟かもしれませんが絶大な効果を見込めそうです

【注意!】後に判明した問題点

冒頭画像のゼンマイの車輪は接地面全体をヤスリで研磨して性能が悪化
その後、接地面積を減らしてグリップを上げるつもりでタイヤ半分を切削
タイヤの研磨も、トレッド半減化の試みも体感的には性能悪化でした

すんげぇ~、勿体無い事をしてしまった

組み直した黄色のゼンマイはタイヤを交換する事で性能向上の余地があるので、場合によっては結構イケてるゼンマイかもしれないと若干ながら期待しています。 果たしてどうなるか・・・・ 機会があれば、その結果にも触れたいと思ってます
 
 
Comments
 
はじめまして。
名Q会リーダーと申します。赤羽オフでの参加でこちらのブログを知ることができ、楽しく読ませていただいております。走りについて熱心な方ってあまりいないのですごく楽しいです!更新楽しみにしています。
名Q会リーダーさん 
名Q会の方ですか! コメントを頂き光栄です。 赤羽のオフ会ではマシン参戦でお邪魔させて頂き、ありがとうございました。 さしたる知識も経験も無く、試行錯誤ばかりが続いている状況ですが幾許かでも楽しんで頂けたのだとしたら嬉しい限りです。 ヒヨっこ走らせ族ですが宜しくお願いします。
 
こんにちは、クルマと同じように効果あるんですね♪
タイヤも難しそうです。
自分は以前イベントがあった時にHG系(多分)の丸っこいハイグリップなタイヤを持ってきて使いました。
これがCDSなんかよりずっとグリップがあるっていう、笑

ところでエンジン不足とのことですが
ウチに模様無しのブラックMAX(多分)と
銀、青のロングMAD(??)があるんですが
もし良ければトレードしませんか??
使ってない普通のエンジンとかボディで大丈夫です。
全然使えねぇかもですが・・・要望があればブログに写真載せますよ~
ヴィヴィオさん 
オイルペンの効果に関しては単なる一例としか言えない現状ですが、今回出た最高速の差異がカーブを含むコースでタイム・アップに繋がるかどうかが最も気になっています。 それと触れなくてはならない問題点にも気がついたので次回の記事ではそれを含めて報告させて頂きたいと思っています。 おっしゃっているハイ・グリップのタイヤがどんなタイヤなのか想像できなくて申し訳ないのですが、私がカーブを含むコースで最速の結果を出しているのはチョロQデッキシステムのスピード・エンジンで使われていたタイヤです。 とは言え同種のタイヤが他の同時期の商品で広範囲に使われていたようなので『デッキシステムのタイヤ』と限定できるものでは無いのかもです。 また、同じスピード・エンジンのタイヤでも個体差が結構ありました。 グリップ力の違いもかなりありますし、真円度のバラつきも激しくて複数のゼンマイから最良と感じるタイヤを選別しなくてはならない程でした。 タイヤの選定は本当に難しくて頭が痛いです。 そしてゼンマイの捕獲も頭が痛い問題です。 トレードのご提案ありがとうございます。 誠に申し訳ありませんがトレードを含めリアルでの関わりに発展させないと決意するに至る過去の苦い体験があり、お気持ちだけ有難く頂戴いたします。 せっかくの善意に応えられず、ごめんなさい。 お許しください。

 
PR
PR

Instagram Twitter RSS

アクセスランキング