:: CueSpec ::

:: CueSpec ::




 

ウィリー・キャンセラー (Type-2)


23-1

何となく感じた疑問ですが・・・ 四駆でもウィリーする?
今回、最軽量とも言えるボディの無い状態で試走行
ウィリー以前に、転がりまくってくれました ^-^

画像は、カスタマブル4WDのシャーシにパーフェクト・エンジン
カートリッジの交換で走りの特性を変えられる特殊なゼンマイ
今回は赤カートリッジ装着~強力ダッシュ型で最もパワフル
で、結論は 「四駆でも変わらずウィリーは起こる」 でした

23-2

写真は、息子の直線バトル用NSXレーシングのシャーシで
「やってみたら、良い感じだよ・・」 と、見せてくれたのですが
ウィリーキャンセルに梱包用ナイロン・ベルトを使ってきました
俗に 「タイラップ・ベルト」 とも呼ばれている薄手のベルトです

軽量で抵抗が少なく、特定の形状を維持してくれるのが美点
切ったり、貼ったり、曲げたり ・・・ 自由自在に扱えるのが良く
やはり、年式の新しい脳味噌には叶わない ........ と、実感(笑)

23-3

息子の場合はボディをひっくり返さない限り目立たない付け方ですが
私は後方に長めに延ばした形で走ってみましたが、直進安定性が高く
悩みの種であった、車体の左右への振られが殆ど発生しませんでした

23-5

シャーシとボディの結合は、フロントのネジ部分のみです

写真のローラーバンパー・ベースは、通常より後方に長く延び
ボディのネジ受け直下まで来ているので、ネジ用の穴を開けて
ミニ四駆用の長めのネジを使ってソコソコには固定できています

走りの性能に関しては、褒められる物ではありませんでした
四駆用のトレッドが狭いタイヤは、ゴム質の性格も加わってか
4WDでありながら、スタート時にスリップが発生してしまいます
2WDにして、グリップの良いタイヤを使った方が速いと言う結果
 
PR
PR

Instagram Twitter RSS

アクセスランキング