:: CueSpec ::

:: CueSpec ::




 

ローラー無しでの直線バトル


34-1

このところ、ローラー・バンパー無しで直線バトルをしています
1つは、余分な手間無く気軽に走行させたい ・・・ と言うのと
ローラー・バンパー自体が、在庫切れ寸前の状態な為です

今迄、ローラー・バンパーを使わなかった事がありませんでしたし
カーブ・コースを使わず、直線勝負をした事もありませんでしたので
ローラー無しで直線を走るのが、こんなに難しいとは思いませんでした

その1つの典型を現すのが、写真の状態です

34-2

その問題を避けるため、のようなホイールが選択肢の1つになります
実際、このホイールを装着すると何の問題も無く普通に走ってくれます
リムが大きく飛び出てているので、タイヤがコースに接触せずに済み
かと言って大きな抵抗にもならず、わりとスムースに走ってくれます

直線に限らず、侠角カーブでもこの問題は発生していました
最初、ローラー・バンパーのセッティングが甘い為かと思いましたが
カーブの内側で後輪のタイヤが接触し、コース・アウトしていたのです
これについてはシャフトの切り詰め > ナロー・トレッド化で対処してます

34-3

難点は2ピース構造 回転ブレによる速度低下
タイヤがコースの壁に接触する事を回避できるホイールですが
車軸とホイール・ディスクが分離した2ピース構造になっており
これが、走らせると結構な回転ブレを起こす事がわかりました
(回転の最中、常にキャンバーやトーの変化が発生してます)

1ピース構造のホイール選択・装着でもハッキリ感じたのは
回転ブレ発生=走行スピード低下」 である事は間違いありません
それ故、車軸の曲がり対策も含めた綺麗な回転を確保できない限り
速度向上は望めないので、走り切るだけの物でしかありませんでした



■ 静的重量バランスの問題に直面

ローラー・バンパーを装着すると決してそうは思わないのですが
チョロQ単体でコースに乗せると、以外に横幅の余裕があります
そして、どんなに気を付けてスタートさせたとしても真直ぐ走らない
必ず、どちらかの方向に寄り、ぶつかって反対側に振られています

ゼンマイは、運転席側に多く重量がかかっていることはもちろん
タイヤの抵抗にしても、4本が全く同一である事は無い訳ですから
ホイール・ベースの短いチョロQが真直ぐ走るのは至難の技ですね

そして、壁に寄った時に真っ先に当たるのが、タイヤのゴムです
単にスピードが落ちるのでは無く、コース・アウトに繋がっています

冒頭の写真のような角度でぶつかるシーンは少ないと思いますが
ほぼ壁と平行に当たったとしても、最初にぶつかるのはタイヤです
ローラー・バンパーは、この問題を解決する上でも必須装備と実感
 
Search This Blog
PR
PR

Instagram Twitter RSS

アクセスランキング