:: CueSpec ::

:: CueSpec ::




 

ゼンマイのバネ交換でパワーUP


39-1

写真右側は、ホイールを付け替えただけのRSマグナム
左側の写真は、組み直しで有り得ない配色にしたパンサー
正確にはパンサーの名称が使われる以前のゼンマイ・ケース
そして、中身であるバネはブルーMAX用の物を移設しています

それでも恐らくは 「RSマグナム」 が勝つだろう思っていました
幅広で巻き数の多いバネは、重量面で間違い無く不利だからで
ところが、予想に反して改造エンジンの方が圧勝してしまいました

39-2

冒頭の写真にあるエンジンをバラしてみた時の状態です
これを見ても、バネの重量差は相当にあると思うのですが
それを跳ね返すだけの力があるバネだと言う事なんでしょう

「RSマグナム」 のバネは巻数も少なく、パンサーよりも軟いバネ
思うに、ギア比と軽量を武器に加速重視の作りになっている感じ

39-3

巻き数ばかりでなく、バネ幅の違いやバネの硬さもあり
重さのデメリットを解消できるだけの性能を持たせてる感

ギーッ、カチ、カチッ・・・ギギーーッ?! (*゜ロ゜)アッ
息子が無造作に素早いプルバックを行ってくれて破損
感触を確かめながら、ゆっくり巻かないとダメなようです

当初は 「RSマグナム」 のギアで組みましたが前述の問題発生
パワーが出過ぎ、離した途端にノーズが浮いて車体がそっくり返る
その状況から考えると、パンサー・ギアのままでいけると思いました



2012-04-08

これをきっかけに、様々なエンジンとバネの組み替えを試行
現時点で最速かつ安全な組み合わせは 「RS+デッキ・バネ

デッキ・シリーズのエンジンの中でも、ダッシュ・エンジンが良く
また、同じデッキ・シリーズの 「スピード・エンジン」 のタイヤは
グリップ力が高く性能向上をハッキリと体感できるかと思います

「スピード・エンジン」 のタイヤは初期の物だと軟くて強烈な加速
終盤の製品では 「デッキ・ダッシュ」 と同等の硬さの物もあって
廃盤商品なので入手が難しいですが、初期製品に限る話です

デッキ・シリーズのバネは、ブルーMAXより幅狭で柔らかいバネ
ある意味、「丁度良い」 パワーUP部品として流用できています
ブルーMAXのバネではギア破損で何度も組み直しをしました
デッキのバネでは今のところ同様の問題は発生してません

ゼンマイのバネ交換作業は周囲に人が居ない事を確かめた上
ゴーグルや防護メガネ等を装着して行うことをおすすめします


:: CueSpec :: ゼンマイ分解・バネ取り出し
:: CueSpec :: ゼンマイの分解・爪固定式
 
Search This Blog
PR
PR

Instagram Twitter RSS

アクセスランキング