:: CueSpec ::

:: CueSpec ::




 

RX-7 Low Down


73-1

チョロQの平均的な楽しみ方は、コレクションの鑑賞(観賞)
走らせない事を前提にするなら、見た目のカスタマイズとして
ローダウン(車高を下げる)は、誰でも簡単に行える改造の1つ
今回はボディやシャーシを加工せずに行う 「お気軽ローダウン」

先ずは、普通に車高を下げたお気に入りの RX-7/RZ
テーマは 「大人の渋いローダウン」 になっています (笑)
前後のシャフトを若干短く切断して 「パッと見の低さ」 を演出
タイヤが被り気味に見えるので、見た目の低さが強調されます

73-2

写真左は、頭文字D 「高橋啓介バージョン」
こちらは、「やんちゃなローダウン」 がテーマで
リヤ・ホイールには、強めのキャンバーが付いています

写真右は、悪乗りで作ったパーフェクト・エンジン搭載版
エンジン高があるので、ルーフを含めて大幅に切除しました

後輪車軸が通常のエンジンより上部にある為、嫌でも食い込む上
前輪受け部分も上部にある為、エンジンは無加工の必然ローダウン
これに関しては本当にフェンダーが被っている 「ヤンキー・モード」 です

73-3

ありゃ、シャーシをあべこべにセットしてしまいましたが(苦笑)
右側のセブンが、ローダウン化していない通常の車高になっています
左がローダウンしたと言うより、右が車高を上げた感じにも見えますが
こうして並べて見ると、「ローダウンしなきゃ見られない」 程に思えます

73-4

写真左がローダウンの為にエンジン前端部の一部を切除した物
右が無加工の標準状態で、カッティングはカッターの刃を熱した後
適当に切り込み切除、前輪が上がる(車高が下がる)ようにしてます

前輪がエンジンの下に来るタイプでしか通用しない手法ですが
後輪を含め、エンジン側の改造だけでローダウンできると言うのは
コレクション(チョロQ本体)を傷めずに済む事もあり、気軽な方法です

73-5

↑画像をクリックすると拡大版が別窓で表示されます

左のエンジンは、高橋啓介バージョンで使ったエンジン
トミーの廃盤商品、「ビット・レーサー」 の前輪車軸を外し
そのピンをエンジン内部から出し、チョロQのホイールを装着
車軸の太さは同程度で特に加工を必要とせず普通に使えます

真中の写真は、冒頭のRZで使った後輪側ローダウンのエンジン
標準の車軸直上に穴をあけて、上下の穴を繋いだだけの簡単作業
車軸の左右移動を避ける為、今回は車軸に付いているギアを残して
エンジン隔壁の一部をカット、車軸直近のギアを除外して空間を確保

写真右は、真中のエンジンを使った場合にできる独立懸架風な演出
我乍ら殆ど必要性を感じませんが ^-^; いちおう、できると言う事で


super_lowdown_420w

冒頭では、より低く見せたいが為にシャフトを短くしましたが
ボディとツライチ状態を保持しつつ更に低く見せる別な方法

ボディの強い圧迫でタイヤの上部を潰し、被ってる風な演出
色々とやった中で個人的にはコレが一番気に入っています

ここでご紹介したローダウン・バージョンは全て走行不能です
 └ 前輪・後輪共にボディ(フェンダー・アーチ)に接触している状態
 
Search This Blog
PR
薬のネット通販ならネット総合病院
PR

Instagram Twitter RSS

アクセスランキング