:: CueSpec ::

:: CueSpec ::




 

後始末が大変だったり・・


shukudai_1

走り仕様2台を生贄にしてまで 「雨さん仕様」 を作りましたが
その2台も以前と同等の性能を保持した状態で復活させないと
新たに作成した時の比較対象が無くなり実感を掴めなくなる訳で
1台を作ると言うより、3台作るのと変わらないことになって大変す


shukudai_2

いゃ、自分でそれを判っててやった事なんですけどね
まぁ、あの迫力の走りを見ると全てが吹っ飛びますが
同等かそれ以上で復活と言うのは結構に難しい事で
当初の復活・向上予定が、早速思惑から外れました

「雨さん仕様」 を踏襲した形で復活を目指したRX-7*RZ
シャーシ、ローラー・パーツを装備して走らせて見ましたら
期待に反して距離もスピードも激しく劣化してしまいました


shukudai_3

リニューアルついでにボディも変更する予定でした
ブルメタ・ボディが白と全く同じ2.95gだったので
問題となる部分は無いだろうと考えてたんですが
これが不思議とダメだったので驚いちゃいました

重量が同じとは言え、軽量化部分が全く違うからか
シャーシやローラー・パーツも含め元の状態を復元
結局、変更したのは前後ホイールとタイヤのみです


shukudai_4

意識していないところで絶妙のバランスが出ていたのかもしれません
そもそもRZはトップ狙いでは無く、ツイン・エンジンの性能確認目的

それがブルーMAX搭載車両でトップをとってしまったので事件でした
ただ、その事でツイン・エンジン版が進化して来れたのも事実なので
やはり元の性能を確保した形で復活させなくては意味がありません

完全復活に際し、ツイン・エンジン版の後輪ホイールを移設して復活
NSXツイン・エンジンは、敵に塩を贈る形でトップ奪還を目指す事に
 
PR
PR

Instagram Twitter RSS

アクセスランキング