:: CueSpec ::

:: CueSpec ::




 

チョロQ ツイン・エンジン総括


twin_engine_0

前後にゼンマイを積んだら、動力性能を向上させられるかもしれない
何となく思ったそれを実行して、気が付くと5つの記事を上げてました

そのどれもが前輪を駆動するゼンマイに小粒タイプを採用してますが
その選択は動力性能の面でと言うより、見た目の違和感を考慮してで
更なるパワーを実現するなら、小粒ゼンマイより通常サイズになる筈

その考えを実行してみた試作品が写真のツイン・エンジンなのですが
結論から先に言うと、ツイン・エンジンは小粒ゼンマイが適切な選択
小粒ゼンマイ以外のツイン化は、直線バトルでのみ効果が期待できる
現時点で得られている結論は想像していた期待値を裏切るものでした

tonza_s13

実際問題、この見た目の違和感は受け入れ難いばかりなのですが
性能面でのメリットよりもデメリットのほうが大きく上回る結果でした

小粒ゼンマイよりもパワーがある分、発進時の勢いは凄まじい一方
カーブではその重さが仇となり目に見えて鈍重な反応に変化しました

また、パワーを使い切って以降の抵抗があまりにも大きいようで
シングルで2周走れるロングMADが1周走りきるのがやっとの結果
性能向上どころか激しく劣化した としか言えない悲しい結末でした

twin_engine_1

直線バトルでのみ期待できると言う表現に留まる理由は
現時点で最も速いのがシングルの直線バトル仕様なので
☆写真は 「大改造セット」 に同梱されているツイン・シャーシ

前述のコース・バトルでもそうですが、重量増との兼ね合いから
ツイン化するよりもシングルのまま効率を上げる方が良いみたい
つまり、適切な軽量化や低抵抗を極めていく方が賢い選択ですね

じゃぁ、なんで5回も記事を上げたのか?と言う事になりますが
これについては生で走りを見ないと理解してもらえないと思います

もう少し具体的に言うと、圧倒的な先行ペースが小気味良いところ
あくまで小粒ゼンマイとのツインですが、とにかく出足は鬼神の如し
全く別次元の強烈無比なスタート・ダッシュで病みつきになりました

MAD系トップの車両であっても追い着き追い越すのに1周を要する
その下克上的な走りが 「してやったり」 な興奮を生むわけなんです




:: CueSpec ::
:: CueSpec :: (@cuespec) * Instagram photos and videos
 
PR
PR

Instagram Twitter RSS

アクセスランキング